玄関ドアのインターホン(ドアホン)を交換する

玄関ドアについている呼び鈴(インターホン・ドアホンとか色々と

呼び名があるみたいですが)のカメラ部分が壊れました。

12年くらい使ってきたので、十分働いてくれたと思います。

 

 

できるだけ出費は抑えたいのは心情です(笑)

 

まぁ、まずは定番のホームセンターに行くことにして

近くのVIVAホームから。 昔は一棚あったのに半分以下に

縮小されていて、ほとんど参考にならなかった。

でも、Panasonic製品だらけなのはわかった。

 

次に、数が少ないので一応ヤマダ電機へも行ってみた。

数が少なすぎるどころか、3つだけ。そうそう壊れる物じゃないから

売らないんだなと確信

 

最後にドイトに行ってみた。VIVAでもあったPanasonic製品ばかりと

アイホンというメーカーの物が1つ。ちなみに今まで使っていた物も

このアイホンというメーカーの物だから、配線とかが変わらなければ

そのまま使えるので自分でも作業ができる。

 

サンプルが通電していたので試してみると、Panasonic製品は

1.玄関からの呼び鈴 2.室内親機モニター 3.ワイヤレス子機

この3点セットになっているが、3つ目のワイヤレス子機の呼び鈴の音が

極端なほどに小さいのである。調整機能はついているが、室内が騒がしいか

音楽番組などを聞いていたら気づかない程度にしかならないのである。

これは致命的なレベルだと思う。

購入を考えている人は一度売り場で試し聞きをお勧めします。

 

続いてアイホンは品数は1点しか置いていないが、アマゾンやカタログを

見るといくつかの種類はある。 今使っている「HF-1M」の配線をそのまま

使えるのは「WK-24A ROCOタッチポータブル 」 ただし、壁内の

電源ケーブルを直結するので、電気技師資格が必要となる。

 

全く同じ仕様で「KH-77」になると、電源はコンセントから取る物に

なるので、こちらにすると電気技師の資格は必要なくなる

 

玄関側の呼び鈴は室外での電気作業であり、60A以下だと

電気技師の資格の必要もないらしい(※される方は要確認を)

 

ただ、今はもうワイヤレスが主流になってきているようで、

既存の増設スピーカーが使えるのは更に上位の機種しかないのが

注意点です。 我が家は3階建てで2階に「HF-1M」の親機がついていて

3階にピンポーンの音だけが鳴る増設スピーカーが鳴るが、

これを鳴らすにはより上位の物「KG-88」でなければならない。

 

そしてPanasonic製品にした場合には、抵抗値というものが違うらしく

配線からの引き直しになるようで工事依頼が必須になりそうだ。

 

という訳で、今回は「WK-24A ROCOタッチポータブル 」と

室内のワイヤレス子機「WJ-4WD」を追加して、1・2・3階で

使えるようにする。

 

届いたら、取付の作業内容などをアップしようと思います。

 

WK-24A ROCOタッチポータブル

1.玄関呼び鈴 2.室内親機 3.室内ワイヤレス子機

WJ-4WD

室内ワイヤレス子機

カテゴリー: DIY | 玄関ドアのインターホン(ドアホン)を交換する はコメントを受け付けていません。



素人が壊れたエアコンを取り外す

長年使い続けて17年ぐらいのエアコンがついに壊れました。

しかも、この夏の直前に!

今更な投稿なのですが、その時に壊れたエアコンを取り外すのに

6000円かかると言われたので、自分でやって

ダメなら取付業者に頼みますということにして

新しいエアコンを買ってきました。

 

エアコン掃除はありましたが、完全に取り外すのは

初めてだったので、まずはGoogle先生に

注意するのは1点だけみたいですね。

「フロンガスを撒き散らさない」

まぁ感電しないとかは、コンセント抜くだけなので

最低限ですから(笑)

 

取り外すのは部屋から屋上スペースに出ている物なので

すぐ横にあるようなもので登ったりもなく難しくはないですね

まずは横のフタを取り外します

ネジだけで止まってるので簡単に外れます

接続されてるケーブルは、「電源」「細い管」「太い管」です。

 

この「細い管」と「太い管」にフロンガスが通る事で

エアコンが冷やされているみたいです。

 

なので、これは簡単に切る訳にはいかないので、

「ポンプダウン」

と呼ばれる手法を使います。

簡単に言うと、エアコン内にあるもの全て閉じ込めてから

元栓締めてしまいましょう。って事ですかね。

 

手順は、今は初夏とはいえ30度を超える暑さだったので

18度設定でエアコンを動かし、室外機のファンが回り始めて

確認がとれたら、細い方の栓を締めます。

画像でいうと右側で、六角レンチが必要になります。

この細い方がエアコンに送る側の管のようです。

 

で、このまま2~3分エアコンを動かし続けてから

左側の太い管の栓も締めます。 これでフロンガスは全て

室外機の中に封入された事になります。

 

後は室内のエアコンを止めて、コンセントを抜いて、

外に戻り、配管を外します。

スパナが2本、それも大きい物があると良いですね。

年季が入ってるのか相当硬かったです。

まぁ、正直金ノコで切ってしまった方が楽だったかも

しれないですね。 電源ケーブルはペンチで切りましたし(笑)

 

室内に戻り、エアコン本体は上側に持ち上げると簡単に外れます。

後はネジを外すだけです。ネジの跡は新しいエアコンが隠してくれます。

そして、本体につながったケーブルと管をまとめて、ズルズルと

引き出して・・・

無事に穴から抜けました。ちなみに細いケーブルは

かなーーーり大事な光フレッツの引き込み線だったりします。

 

ちなみに、こういう外側の部分には水が入らないように

カバーと壁の間にエアコン用の粘土が使われています。

長い年月がたっても固くならないで、今でも柔らかいままでした。

 

正直、楽しくてしょうがなかったので、どれくらいの時間かは

わからないですが、1時間ちょいくらいでしょうか。捨てやすい

形にまとめてガムテープでグルグルまくまで。

 

これで6000円がなくなり、エアコン代金が安くなります!

これが2階とかだと、室外機への配管のカバーを外したりする

危険度がありますが、1階についているだけのものであれば

今回と全く同じ方法でできてしまいます。

2階でもハシゴで安全にできる方なら、金額上乗せされる事もなく

できてしまいます。

 

少しでも気になった方は、Google検索で「エアコン 外し方」で検索すると

色々と詳しく載っていますので、是非一度見てみて下さい!

カテゴリー: DIY | 素人が壊れたエアコンを取り外す はコメントを受け付けていません。



スマホケースの色落ち防止

以前、スマホケースを割ってしまって、

新しいのを買ったのですが、段々と売ってる所も

減ってきているので、長く使えるように

プリントされた模様が擦れて消えないように

一工夫してみました。

 

まぁ、クリア塗装ってので透明な膜を上に載せてあげるだけですけどね

まずは百均ダイソーで売ってるクリアー(ツヤなし)

塗ってる時や乾燥時に落ちないように木に固定します。

裏側はマスキングテープで今回はとめました。

塗ってる途中です。

違いがわかりずらいですが、完成です。

ここまで、4回塗りました。

1.大雑把に軽く吹きかける 2.液垂れしないようにしっかり吹く

3.天気が良く暑かったので、1時間乾燥待ち 4.2の作業を3回繰り返す

5.気が向いたら仕上げにコンパウンドで磨くと、キレイに仕上がります

これで、この木目のカバーは、そう簡単には消えません。

クリアー塗装は、自動車の塗装でも使われていて、色の上に塗装されています。

段々と汚れはついていきますが、コンパウンドで磨くと落ちます。

 

前に落として割れたケースは、半分くらいが薄くなっていたので

このスマホ用のケースが無くなる中、次は売ってないだろうなと

少し補強にもなるかな?って気持ちと見た目を保つ為にやりました。

お気に入りのケースがある方は、是非やってみる事をお勧めします。

 

あ、あと最後ですが、スプレーは40度くらいのお湯につけると

より細かい粒が出ます。仕上がりが違ってきます。それと、吹き付ける前に

新聞紙などに試し吹きしてから、ケースに吹き付けるのがコツです。

(まぁ私は面倒なので、お湯はつけませんでしたが・・・・)

カテゴリー: DIY | スマホケースの色落ち防止 はコメントを受け付けていません。