水槽台を作る(1.ルーバー)

水槽台の中にこもる水蒸気を外に出そうと思ったので

水槽の上の空きスペースの左右はルーバーにする事にしました。

 

以下は、その作り方

材料は、MDF材の2.5mm(前もこれで作った為)を選択しましたが、

最近になって、子供の蹴りではずれてしまったりする事がわかったので

最低でも5mmにしておけばよかったと後悔しています・・・・

(書き始めから失敗の話なんて(笑))

 

で、前回は普通に長方形の板を作って、はめ込む方にドリルで溝を作って

入れましたが、たまたまホームセンターで見たルーバー扉が真ん中だけで

固定しているのを見たので、今回はその方法にb

 

ルーバーのサイズは、厚み2.5mmで幅4cmで

長さは、作りたい物+2cm(左右のはめ込む部分)

 

これにダンボールで作った方で印を付けてジグソーでカットしていきます。

丸のこは持っていないですが、こんな時ジグソーの使い狩っては楽でいいですね

 

何枚もあるので、単純作業に徹します(笑)

先に縦2本を全て切って、次に右側から切れる方を全部切って、最後に左側から

切れる方を全部切って作業は終了。 40枚くらい作ったと思いますが、相当きついっす

 

実は最初に写真を撮ってない時に40枚くらいやっていたのですが、

ホームセンターの店員にだまされて、水性塗料を10%薄めて直塗りして

削っての繰り返しで、悲しい作業を1週間くらいしていました・・・・

 

 

 

なので!!!

 

 

 

今度は、下塗りシーラーを買ってきました。

前回の失敗の理由として

・木材は塗料を吸い込む物なので、下地をしっかりしないとムラになる

・ハケだろうとローラーを使おうとも、下地がダメな時点で全て無駄

(やすりを使うと、凸はなくなっても下地が出てしまう部分ができてしまう)

・2・3度薄く塗ってから、やすりの番手の細かい800・1000・1500を使っても

凸凹が消えるのは、上記の失敗からほど遠いい

 

今回の対応策として

・下塗りシーラーを2・3度塗る

・下塗りシーラー後、#1000番で軽くやすりかけ

・水に塗らして、硬くしぼったタオルなんかで、表面を拭き取り

・水っ気がなくなるまで乾燥

・20%くらいに薄めた水性塗料を塗る

・ローラーはツブツブの段差ができるので、ハケを使う(線が出ちゃいますが)

・ハケでの塗り方はなんでもいいが、最後に端から端まで一気に筆を滑らせて表面を整える

といった感じで

 

上側が下塗りをしたMDF板、下側が塗る前の板

シーラーの色は白なんですが、木目は出なくなるので注意と書かれていました。

 

で、とことん単純作業をした結果の乾かしているのが、こんな感じ

家族からブーブーいわれながら部屋を占領しています(笑)

 

 

ちなみに、使っている筆は100円均一の筆ですが、20分以上使い続ける場合には

使ってた筆を水につけて、2本目を使うような感じにしてあげるといいようです。

 

全く気にしなかった筆は、今ではこんな感じで、もう片方はメンテ(水洗い)しながら

使っているもので、一目瞭然の違いがでています。

 

 

 

カテゴリー: DIY パーマリンク