掃除機(強と清)の修理

大分長いこと使っている掃除機に手袋を詰まらせてしまって、

どうやっても取る事ができない・・・・

 

後から考えれば、別の掃除機で逆から吸い出せば良かったのかも

しれないですが、突っ張り棒で押出せば簡単にでるだろうと

チャレンジ・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

先のほうまでいったけど、そこから先がどうしても進まない

どうやら完全に詰まってしまったようだ。

 

 

なので、先の部分をバラしてみました。

 

こんなパーツと

こんなのが

この黒いのは、マイナスドライバーで無理やり抜きましたが、

蛇腹ホースの向きにあわせて回していけば勝手に抜ける事が

後からわかりました。

 

 

で、手袋を無事に抜く事ができたんですが、掃除機が動かなくなりました

 

 

なので、ここからが修理(笑)

 

まず動かなくなった原因は、2本の電源コードがあるんですが、

これは半田?付けされていたみたいで、途中で抜けてしまっていました。

なので、これをつなぎ合わせてスイッチを入れると、無事に動いたので

これが原因なのだなと、つなぎあわせてみました。

 

 

で、くっつけた部分にビニールテープを巻いて、感電しないようにします。

長さに余裕のある場合には、接合部分だけ巻いた後にコードを

軽く折り返して再度巻いて抜けないように強化しました。

 

 

で、ホースについていた黒いパイプを元に戻して

 

 

先の部分とこんな感じにくっつける!

 

で、パイプ側に外側カバーをつけるんですが、強化しまくった

ビニールテープが邪魔をしてしまってカバーが閉まらない・・・

 

ビニールテープを取ってしまうと、また接合部分が抜けてしまうかも

しれないので、このままビニールテープでグルグル巻きに(笑)

 

 

 

で、最後のフタをネジで締めて完了♪

まぁ赤いビニールテープが目立ちますが、気にならないので良しとします

 

 

ちなみに、最後の画像を忘れてしまったので、今度撮った時にアップします

 

 
2017.5.17 -----------------------------
現在でも現役で使えています!

カテゴリー: DIY パーマリンク