水槽台を作る(3.ダボ接合)

一番下の土台となる部分は、2×4材を横に4本並べて、その上から

合板を2枚載せて強度を得る予定です。

 

 

で、この2×4材ですが、横に並べるだけだと、合板側から打つネジだけが

揺れに耐えてくれる部分になる為、1ヶ所に負荷がかかりすぎてしまうみたいです。

強い強度を得る為には、縦・横・上下の3方向から固定するのが良いみたいなので

2×4材にはダボ穴をあけて、ダボ接合というものをやってみます。

 

まず適当な間隔で6mmの穴をあけていきます(今回使うのが6mmの為)

 

続いてダボ用のマーキングポンチを穴に付けていきます。

(これ以外に、くぎを置いてみたり、色を付けてみる方法もあるようですが

より正確にできる方法を取りました)

 

で、隣になる2×4材の位置をきっちりと決めて、100円均一で買ってあった

ゴム製のとんかちでコンコンと叩いていきます。

 

真ん中に丸い跡がついていると思います。これが既にあけた穴に

対応する穴あけ位置です。

 

 

で、どちらの2×4材の穴にボンドを付けて、片側だけにダボを埋めます

 

これで準備は完了です。穴にあわせてくっつけるだけです。

ボンドも予想以上に強く接着してくれていたので、少し多目にして

板面も接着するつもりでやりました。

 

 

ちなみに、このマーキングポンチなんですが、簡単に取れる時も

あれば、ガッツリ埋まって取れない時もあるので、こんなん使って

取りました。 金物のものさしですね(L字の)

 

それと、切断面と平面をダボ接合する場合には、切断面に最初の

穴をあけた方が良いようです。 そうしないと切断面のザラザラで

マーキングの跡がよくわからなくなります(実際にやってしまいました(笑))

 

こんな感じで4枚の2×4材を付けて、結構疲れたんですけど、

後の作業は簡単なので、一気に合板を付けていきました。

 

合板の1枚目には、ネジの頭が埋まる程度の穴をあけてから

ネジ止めして、その上にボンドをたっぷり付けました

 

最初は、平面に楽に塗れそうなボンドを買っていたんですが、

これを使うと意外とボンドを押出す力が必要になるので、

結局、ボンドのフタを全部あけて、点々とボンドをまとめておいて

先の部分で伸ばした方が楽でした。

 

まぁ、ボンドの穴を大きくすれば良かったというのもあるんですが、

そうするとダボ穴にボンドを入れにくくなるので、この方法にしました

 

完成の写真がないんですが、ボンドの上に合板を敷いて

1枚目と同じように、ネジ頭が隠れるように穴をあけてから

ネジ止め 『 しまくって 』 終了

 

 

 

 

カテゴリー: DIY パーマリンク