水槽台を作る(5.ルーバー扉を作る)

前に作ったルーバー用の板が乾いたので、いよいよ組立てに

入っていきたいと思います。

 

扉の材料は簡単に1x4材を半分に切って作りました。

 

そしてダンボールを切って、同じ場所に穴があくように

サイズをあわせてドリルで穴あけ。

(写真では、2本がずれてますが

 

でも、後で気が付いたんですが、この方法だと

ルーバー板が折れたりした時に交換ができないので、

線を入れて、そこに後から差し込む切り口にした方が良いですね・・・

 

穴があいたので、くみ上げていきます

 

これをドリルで下穴を掘って、ネジが見えなくなるように8mmの穴も

掘っておいて、ネジで止めました。 そしてダボを入れて余り部分はカット

 

 

 

まぁ、こんな感じにできました(´▽`*)

 

後から扉を開け閉めする金具(蝶番:ちょうつがい)を付けるので

その穴もあけておきます。

 

で、扉を開く取っ手ですが、前に網で夏用のフタを作った時に

重りとして使っていた半円の棒を使います。

これに角度を入れて切ると・・・

これを使いやすい指のサイズにあわせて、やすりがけしながら

調整してつけてみました。

 

 

色塗りは中のルーバー部分だけですが、周りはくみ上げてから

塗るつもりだったので、一旦これで完了です。

(というか、乾燥に時間がかかりすぎるので、先に進めてしまおうかと・・・)

カテゴリー: DIY パーマリンク